ライター伊達直太の仕事紹介/Books & Magazines(本&雑誌)

仕事のご依頼、お待ちしております。ご質問、ご相談もお気軽にどうぞ。

Books & Magazines(本&雑誌)

お取引いただいている主な企業さま

 ●アース・スター エンターテイメント
 ●アートサプライ
 ●WAVE出版
 ●幻冬舎メディアコンサルティング
 ●コミュニケーションデザイン
 ●ゴルフダイジェスト社
 ●宝島社
 ●日経BP
 ●ループスプロダクション
 (アイウエオ順)

■本&雑誌

炎上する相続(幻冬舎)

税理士、高野真弓先生の著書。相続をめぐる家族・親族の争いごとは決して無縁ではありません。実話に基づく6つのエピソードと、相続で揉めないためのポイントを紹介する一冊。
【編集協力】

株の稼ぎ技 成長・優待180(スタンダーズ)

ゲーム株投資で有名なゆずさんなどに協力いただいた中長期投資向けのテクニック本。短期トレードが難しい会社員の人にも使える大技・小技を収録。
【取材・執筆】

2020年日本の大問題 (洋泉社)

東京五輪が開催される2020年と、その先を見据えた社会課題をまとめた一冊。巻頭インタビューにて、カブコム・河合達憲氏に相場・市場動向の見通しを聞いています。
【取材・編集協力】

株の稼ぎ技 短期売買175(スタンダーズ)

テスタさん、久保優太さん、Jackさんなど、そうそうたる投資家に協力いただいたテクニック本。基本から応用まで実践的な技を収録しました。
【取材・編集協力】

図解 マーケティング大全 (洋泉社)

ビジネスに生きるマーケティング知識を網羅した一冊。特別インタビューとして、幻冬舎の編集者・箕輪厚介氏に話を聞いています。
【取材・執筆】

1000円からできるお金のふやし方-超初心者のための投資のキホン- (ワニブックス)

月1000円でも、まずは投資を始めることが大事。コツコツ、長期目線で資産を作っていくことを目的に、投資のイロハをまとめた一冊。貯金と節約だけではどうにもならないと感じている人におすすめです。著者は、マネックス証券執行役員、大槻奈那さん。
【執筆協力】

どんどんお金を増やす! かしこい資産運用術(マイナビ出版)

資産運用の考え方と手段をキホンから網羅する一冊。「ネット環境があれば誰でも投資が始められる」をテーマに運用の一歩目を踏み出す人を応援する本です。
【執筆(一部)】

マンガでわかるビットコイン&仮想通貨投資の基本

前作がヒットしたことを受けて、投資法に絞った続編を出版。過熱感が収まってきた今こそ基本が生きるかもしれません。三原弘之さん、立野新治さんなどが監修。
【取材・編集協力】

「マンガでわかるビットコインと仮想通貨」

何かと話題のビットコイン。その成り立ち、仕組み、投資方法などについてマンガで解説した一冊。監修は、ビットバンク(仮想通貨取引所)の三原弘之さん。
【取材・編集協力】

「マンション管理組合理事になったら読む本 改訂版」

マンションの理事会は共同生活を束ねる重要な存在。その理事が果たす役目などについてまとめた一冊。著者は、翔設計の社長で一級建築士の貴船美彦さん。【取材・編集協力】

「日経ビジネス アソシエ」

未来のビジネスリーダーの愛読書とも呼ばれるビジネス誌。リニューアルに伴い、巻末にて世界史の茂木誠さん(駿台予備校世界史科講師)が連載をスタートしました。そのお手伝いを少々。
【取材・執筆協力】

「週1分 ずぼらでもお金が増える投資入門」

公認会計士・足立武志さん監修の一冊。日足と移動平均線だけを使い、株と不動産投資を「極限まで絞る」をテーマにしたビギナー向けの投資本。週1回、1分のチャートチェックだけで低リスク投資をスタートする、という内容です。
【編集協力】

「65歳、医師 はじめて挑む病院経営」(幻冬舎MC)

神奈川県にある相和病院の理事長、川村一彦さんの著書。65歳で突然病院経営を担うことになり、赤字の病院を立て直した足跡を振り返った1冊。
【編集協力】

「稼ぐ人の株投資 億超えの方程式12」(スタンダーズ)

考え方や手法などを聞いた投資家さんは、いつもより多め。特集は「下げ相場の時にどうするか」です。
【取材・執筆(一部)】

「28歳からのリアル」(WAVE出版)

私が28歳のときに携わった本「28歳からのリアル」が、小さくて安いポケット版になりました。
【一部執筆】

「職業『民間警察』」(幻冬舎)

セーフティプロ社長、佐々木保博さんの著書。警察を頼れないトラブル、警察が動けない事件を担当する佐々木さんが、過去に担当した事件の詳細を綴るノンフィクション事件簿。世の中の闇がわかる一冊。
【編集協力】

「1日10分『じぶん会議』のすすめ」(WAVE出版)

思考の整理を通じたコンサルティングを行う鈴木進介さんの著書。会社で会議をする要領で、自分で自分のアポを取り、自分の日常やライフプラン・キャリアプランを考えようという本。
【編集協力】

「変身!超仕事人」(幻冬舎)

脱サラリーマン。目指せビジネスマン。保険の110番社長である杉山将樹さんが、仕事術や仕事と向き合う心構えなどについて書いたビジネスマン書です。

「地域通貨で実現する地方創生」(幻冬舎メディアコンサルティング)

「地域通貨で実現する地方創生」(幻冬舎メディアコンサルティング)

日本をマクロで考えると、地域・地方の活性化はおそらく避けて通れません。地域通貨に興味がある人はもちろんですが、地方経済に関心がある人、地域でのプロジェクトを立案する人なども、ぜひご一読ください。

「稼ぐ人の株投資 億超えの方程式」(スタンダーズ)

「稼ぐ人の株投資 億超えの方程式」(スタンダーズ)

これ!というテーマ株がない中で、稼いでいる人はどんな点、どんな銘柄を見ているのでしょうか。地合いに合わせてトレードを磨いていきましょう。

「図解 はじめての確定拠出年金」(学研パブリッシング)

「図解 はじめての確定拠出年金」(学研パブリッシング)

朝倉智也さん(モーニングスター社長)が監修する確定拠出年金の本。公的年金に不安を持つ人が多い時代だからこそ、自分の老後(資金)は自分で準備することが大切です。

「超一流の保険営業術―1年目の生保マンが年収1200万円プレーヤー(MDRT)になる方法」(幻冬舎メディアコンサルティング)

「超一流の保険営業術―1年目の生保マンが年収1200万円プレーヤー(MDRT)になる方法」(幻冬舎メディアコンサルティング)

日本で数人しかいない保険営業の基準・TOTを、10年連続で達成した黒木さんの著書。「9割が食えなくなる」と言われる業界で、生き残るためのスキルがわかります。

ゼロからわかる! お金の教科書(学研パブリッシング)

FP畠中雅子さん監修。自分のお金は自分で守る時代です。しっかりしたライフプランを立てるために、まずはマネープランの基礎を押さえておきましょう。

人生の不安を軽くする HOW TO 終活2016(中日新聞社)

老いない人はいません。死なない人もいません。だからこそ、総仕上げとも言える終活に向けて、現役時代から準備しておくことが大切です。豊かな老後を実現しましょう。

初めての株式投資で稼ぎ方までわかる本(スタンダーズ)

www9945さんほか、有名投資家の手法を丁寧に解説。そこは私の担当ページではなかったのですが、送ってもらった本を読みつつ、勉強しております。稼げる投資家になりましょう。

知らないとソンをする! 定年後のお金(学研パブリッシング)

定年は第二の人生のスタートでもあります。ただし、現役時代にどんな準備をどれくらいするかによって、スタートラインの位置は変わります。ポールポジションからのスタートを目指して、定年後の準備を始めましょう。

図解 お金持ち入門(学研パブリッシング)

中野晴啓さん(セゾン投信社長)監修のマネー本。インフレに向かう可能性が高いこれからの日本で、資産の価値を守るには投資が重要です。1億円の現金ではなく、1億円分の投資資産を持つ「資産家」を目指しましょう。

株はチャートの「美しさ」で選びなさい(幻冬舎)

田中空見子さん(カブドットコム証券・投資アナリスト)の著書。テクニカル分析の基本なら、これ1冊読めばOKでしょう。チャートが読めるようになるだけで投資のレベルは格段に上がるはずです。

図解 究極の判断力を身につけるインバスケット思考(WAVE出版)

鳥原隆志氏の著書。インバスケットとは米空軍で生まれた判断力のトレーニングのことで、一刻を争うビジネスの現場に立つ人にとっても良い訓練となるでしょう。原書をイラスト入りの図解版としたもので、気軽にトレーニングを体験できます。

わかってくれない上司をうならせる神フレーズ50

わかってくれない上司をうならせる神フレーズ50(パブラボ)

井上敬一氏執筆のコミュニケーション・ノウハウ本。初対面の人と会う時から、プレゼン、クレーム対応など、さまざまなシチュエーションで使える50のフレーズ(と、なぜそのフレーズが活きるのか)をまとめた一冊。尚、井上さんがどういう人かというと「エロ楽しい人」です(←個人的感想)。

カラー版 マンガでまるっとわかる! 株の教科書(西東社)

竹内弘樹氏(ライフパートナーズ㈱代表取締役)監修による株取引の解説本。昨年より様々な出版社・編プロから投資系の本の依頼がありましたが、テーマは同じでも切り口はいろいろとあるものです。この本の場合は「マンガ」であること。タイトルの「まるっと」という言葉は初めて聞きましたが「まるごと」という意味、と勝手に解釈しています。

図解版 35歳からのお金のリアル(WAVE出版)

「35歳からのお金のリアル」(2009年発行)の図解版。当初のオファーは「既出本を図解にする」という手間がかからなそうな仕事だったのですが、結局ほぼ全原稿を書き替えました。それだけ見せ方にこだわったということです。書籍売上が多いセブンイレブンで販売中ですので、ぜひご覧ください。

図解 はじめての投資信託(学研パブリッシング)

モーニングスター代表取締役、朝倉智也氏監修による投資信託の解説本。「はじめての○○」シリーズ3冊目で、投資ビギナーでもはじめやすい投資信託の基本をしっかり解説した一冊。
(仕事中に得た知識を生かして、少しETFでも買ってみようか検討中です)。
【編集協力】

パチンコ屋に学ぶ経済学(WAVE出版)

コンビニエンスストア『ファミリーマート』さんで展開中の「コンビニで買えるビジネス書」。2007年に出版した同書を一部改稿し、価格も大幅に見直した廉価版です。『必勝ガイド』など攻略誌とともに、ちょっと違ったアプローチで本書もぜひ手に取ってみてください。
【執筆】

図解 はじめての株(学研パブリッシング)

マネーフォワードCEO、辻庸介氏監修による株取引の解説本。「株をやってみたい、でも、やり方がわからない」という人に向けて、わかりやすく解説したもの。給料の見通しが立ちづらい時代だからこそ、自分の資産を自分で増やす時代です。
【編集協力】

受験する前に知っておきたい自衛官の専門常識・基礎知識(土屋書店)

「受験する前に知っておきたい自衛官の専門常識・基礎知識」(土屋書店)

自衛官を目指す人が知っておきたい常識、仕事の内容、仕事のすばらしさなどをまとめた受験準備テキスト。
生命と財産を守ってくれる自衛官の方々、いつもありがとうございます。
自衛官志望の方々の役に立てば幸いです。
【編集協力】

受験する前に知っておきたい消防官の専門常識・基礎知識(土屋書店)

「受験する前に知っておきたい消防官の専門常識・基礎知識」(土屋書店)

消防官を目指す人が知っておきたい常識、仕事の内容、仕事のすばらしさなどをまとめた受験準備テキスト。
毎日安心して暮らせるのは、消防官の人たちが守ってくれているから。
消防官志望の方々の役に立てば幸いです。
【編集協力】

図解 世界史でわかる経済問題(宝島社)

「図解 世界史でわかる経済問題」(宝島社)

大手予備校講師、茂木誠氏監修のムック。ベストセラーとなった「経済は世界史から学べ!」の図解版。
「歴史がくりかえす」かどうかはわかりませんが、歴史から学べることが多いのは事実。投資をしている人にもお勧めしたい一冊。
【編集協力】

大人のためのポイント&カードのトリセツ(宝島社)

「大人のためのポイント&カードのトリセツ」(宝島社)

ポイントカード、クレカ、プリペイドカードなどを、結局のところ、どう使えばもっとも得なのかがわかる、雑誌『In Red』の特別編集ムック。
nanaco、waon、Tカードなどで財布がパンパンという人は、ぜひ一度この本を読み、整理してみるとよいですよ。
(ちなみに私もその1人。打合せ時に担当者に笑われてしまった)
【一部執筆】

図解 はじめての資産運用(学研パブリッシング)

「図解 はじめての資産運用」(学研パブリッシング)

FPウーマン、大竹のり子氏監修の資産運用ビギナー向けの一冊。株、投資、債券など数多く選択肢がある中で、何を、どう考えればよいかをわかりやすく解説したもの。
【編集協力】

定年に備えるお金の教科書(学研パブリッシング)

「定年に備えるお金の教科書」(学研パブリッシング)

フィデリティ投信、野尻哲史の著書。老後の資産運用に関するポイント、考え方をまとめたわかりやすい一冊。
世界トップクラスの日本人は、世界のどの国の人よりも老後について考える必要があります。戦略も必要。とくにお金の面では。
【編集協力】

The Sofa 100(晋遊社ムック)

「The Sofa 100」(晋遊社ムック)

デザイナー家具の専門店「リグナ」監修のソファ本。
床に座る習慣がない私のような人は、どこに住むにしてもソファが必要。
掲載している商品は値が張るものもありますが、よいものは、あらゆる面でよいのです。買替えを検討中の方、引っ越しや新居購入予定のかたはぜひ参考にしてみてください。
【一部取材・執筆】

28歳からの新基準(WAVE出版)

28歳からの新基準(WAVE出版)

パンタ・レイ。
すべてのものは流転する、という意味です。
社会も人も価値観も、
目線を向けるべきところは昨日ではなく明日。
錆び付いていくものではなく、新たに生まれるもの。
「こうあるべき」「こういうもの」といった
思考の奥底にある基準を、今一度見直してみませんか。

本当に億儲けた個人投資家の(秘)投資法(宝島社)

本当に億儲けた個人投資家の(秘)投資法(宝島社)

具体的な手法のみならず、
投資というものに対する基本的な考え方を
わかりやすくまとめた1冊。

40歳からのリアル(WAVE出版)

40歳からのリアル(WAVE出版)

「28歳のリアル」から10年続いている「リアル」シリーズの最新刊。
自分が40歳前後なのだと思うと、なんか笑っちゃう。
でも、笑っている場合じゃない。
どうする? オレ。
どうします? みなさん。

1億円の仕事がスイスイ決まる!できるコミュニケーション術(宝島社)

1億円の仕事がスイスイ決まる!
できるコミュニケーション術(宝島社)

「メラビアンの法則」によれば、人の印象の9割は見た目で決まります。
第一印象を上げたい人に間違いなく役立つスキルを分かりやすく解説しています。

「原田メソッド 成功を引き寄せる4つの習慣」(宝島社)

「原田メソッド 成功を引き寄せる4つの習慣」
(宝島社)

自分に厳しく、人にも厳しい。
原田氏はまさにそんな人なのではないかと思う。
絶対に達成したい目標のために、たまには自分にムチ打ってみるか。
そう感じさせてくれる1冊です。

「30代年収300万円台のための思考法」(ユナイテッドブックス)

「30代年収300万円台のための思考法」
(ユナイテッドブックス)

たまには新しいことをやらないと。
そう思っていた矢先にいただいた電子書籍での書き下ろし。
年収アップに効く思考法を、50本のコラムでまとめました。

「怒り」の活用法(宝島社)

「怒り」の活用法(宝島社)

私のように四六時中怒っている人(ただし、心のなかで)って、体に負担をかけているんだろうな。圧もかかるし、判断力も鈍る。
うまいことマネジメントできれば、人生はもっとうまくいく。
その方法を書いた本はないだろうか。
ありました。できました。

「ビジネス思考は」ゴルフで学べ

ビジネス思考はゴルフで学べ

「結果」の良し悪しは「行動」によって決まります。
「行動」の良し悪しは「思考」によって決まります。
つまり、「思考」をレベルアップすれば、
おのずと「結果」もよくなるということ。
そのための方法は、
ゴルフを例にして考えるとよくわかります。

「漫画サンデー」(実業之日本社)

漫画サンデー(実業之日本社)

仕事に直接関係のないことでも、
知っておくと得をすることがあります。
人生の豊かさとはつまり、そういった事柄を、どれくらい知っているのかに比例するのかもしれません。
このコラムでは、毎号、知っておきたいキーワードを1つ選び、関連するデータや、ちょっとした解説をつけています。

pen(阪急コミュニケーションズ)

pen(阪急コミュニケーションズ)

「フツー」の本を書かせていただいた経緯から、「フツー」についての取材依頼を受けたのが、普段からよく購読している「pen」。
ありがたいことです。また呼んでください。

30代からのお金のトリセツ

30代からのお金のトリセツ
(アーススターエンターテイメント)

日本人は、世界でもっとも将来に「不安」を感じているそうです。
その不安のほとんどが、実はお金と関係しています。
お金がすべてではありませんが、お金で解決できることはたくさんあります。
漠然と収入を得て、漠然と使っていませんか?
貯金が増えず、収入も増えない毎日を、あきらめていませんか?
お金の正しい取り扱い方を身につければ、毎日は、必ず変わります。

35歳からのリアル(WAVE出版)

35歳からのリアル(WAVE出版)

世界的長寿の日本人は、
世界のどの国の人よりも、
人生を丁寧に設計しなければなりません。
35歳にとって重要なのは、この先を生き抜く
人生の「選択」なのです。

28歳からのリアル マネー編 新版

28歳からのリアル マネー編 新版(WAVE出版)

お金がなければ、生きていけません。
おそらく、多くの人が、「そんなことはわかってる」と言います。
ほんとですか? ほんとにわかっていると言えますか?
知らなかったお金の現実、目をそむけてきたお金のはなし、
ここで一度、整理しておきませんか。

まずはフツーをきわめなさい

まずはフツーをきわめなさい (WAVE出版)

フツーとは、あらゆることをする上での基礎です。
一芸に秀でよう、突き抜けようと思っても、
結局のところ、フツーのことをおろそかにすると、
偏った人として評価されます。
できないことはやらない、嫌いなことはやらない。
まずはそういう思考を見直してみませんか。

人生は「引き算」でうまくいく(WAVE出版)

人生は「引き算」でうまくいく (WAVE出版)

資本主義がもたらした最大の罪は、
「あれもこれも、たくさん持っている人が偉い」
という概念を作ってしまったことではないでしょうか。
しかし、そんな概念はウソです。
本当に贅沢に生きている人は、良質なものをちょっとだけ残し、いらないものを潔く「引き算」しています。

28歳からのリアル図解版(WAVE出版)

28歳からのリアル 図解版(WAVE出版)

書店に並ぶ本を開いてみると、「あなたは大丈夫」とか、「そのままでいいんだよ」といった耳障りのいいことが書いてあります。
でも、ホントにそうでしょうか?
無責任に褒めるだけの本が、みなさんの役に立つでしょうか?
最も大事なことは、現実を直視し、明日を考えることだと28リアルは考えております。

28歳からのリアル新版(WAVE出版)

28歳からのリアル 新版(WAVE出版)

「30歳までにやっておくべきこと、考えるべきこと」をテーマに、本当に必要で、本当に大切な「リアル」なことだけに絞り、まとめた本です。お金、結婚、家、健康など、気になるあのことにどう取り組めばいいのか、ヒントがきっと見つかるはずです。いい30代を迎えてください。それが私の願いです。
前作をお買い上げ、ご愛読いただいたみなさまにも、この場を借りて、お礼申し上げます。ありがとうございました!

パチンコ屋に学ぶ経済学(WAVE出版)

パチンコ屋に学ぶ経済学(WAVE出版)

パチンコを悪く書く本は世の中にたくさんあります。しかし、悪者だと決めつけてしまうのは早計です。そこで、パチンコ屋から学べるビジネスの知恵やヒントを一冊にまとめました。パチンコをする人にはもちろん、しない人にも役立つ本です。仕事や人生に、「もう一歩ブレイクスルーが欲しいなあ」という人にぜひおすすめです。買ってね

A4・1枚究極の企画書(宝島社)

A4・1枚 究極の企画書(宝島社)

簡素な企画書の書き方を指南する書。富田眞司先生の著で、私は原稿のリライトを少しお手伝いさせていただきました。我々(というか私)は、編集部から企画を受けたり、広告担当者のプレゼンに同席するだけというケースが多く、自分で企画書を書くことはありませんが、日課のように企画書を書くという人には実用的な一冊です。

殺人事件、9割は知人が犯人だった(宝島社)

殺人事件、9割は知人が犯人だった
〜ニュースではわからない真・統計白書〜(宝島社)

数字が示す事実をはっきり見ましょう、という書。和田秀樹先生の監修です。メディアバイアス(報道の偏り)に騙されるなという主旨に共感し、私は構成とネタの選出、原稿のリライトでちょこっと関わった程度ですが、生原を読みつつ驚いたのは、「日本の税負担率は世界的に低い方である」こと。我が家が大金持ちでないのは、税金のせいではなく、働きが足りないせいであることを自覚。お仕事、お待ちしております。

Product Design Worldワークスコーポレーション

「Product Design World」(ワークスコーポレーション)

家具、家電、車といった『モノ』をテーマにしたデザイナー向け専門誌。著名デザイナーさんのインタビュー記事やコラムの執筆を担当。いいものとはなにか、売れるものはどう作られるのかなど、なにかと参考になります。ちなみに我が家のインテリアはカミさんが担当。現在、美しい食器棚を探しているようです。

ザ・階級偏差値(WAVE出版)

ザ・階級偏差値(WAVE出版)

格差社会だそうです。そんな中、僕らはどうやって生きていけばいいのか。中流ってなんなのか。明るい未来はあるのか。そんなことを、データから検証した本。格差社会で下流に陥らないためには、まず今の立ち位置を知ることが大事。ところでみなさん、今、下流ではないって言い切れますか?

「いい家」の正体(WAVE出版)

「いい家」の正体(WAVE出版)

偽装問題は、マンションだけの話ではございません。ということで、広告、営業トーク、偽装に惑わされることなく、いい家を手に入れる方法を、一級建築士・伊澤多喜男さんと考え、つくった本。「そろそろオレも一戸建て」って人は、ぜひ読んでください。3、4千万円払ってからじゃ、遅いですからね。

30歳へのスピード戦略(WAVE出版)

30歳へのスピード戦略(WAVE出版)

「フリーターの将来って、暗いんだろうな」と、薄々感じているフリーターが、最短で今の生活から脱出する方法を書いた本。「オレ、会社員だから関係ないじゃん」ってわけじゃありません。終身雇用がない時代、明日は我が身。でも、抜け出しかたさえ知っていれば、安心して暮らせます。

英語で「日本のこと」話そう(宝島社)

英語で「日本のこと」話そう(宝島社)

英語で「スケベおやじ」「イケメン」などをどう言うか、自衛隊、少子高齢化、ニートなどの社会問題をどう説明するかなど、サクッとお勉強になる文庫。巽一郎さん監修で、私はコラム執筆を担当。実は私、三流の殺し屋みたいな顔してますが、英語しゃべれるんですよね。(コラムは日本語で書いています)

ずっと「引っ越したい」あなたへ(WAVE出版)

ずっと「引っ越したい」あなたへ(WAVE出版)

賃貸者向けのハンドブック的単行本。長谷川高さん(不動産コンサルタント)著で、私は構成を担当。ここだけの話、今は物件過多の時代。必要なのは、敷金、礼金、更新料を安く済ます方法、手軽なリフォーム術など、ほんのちょっとした知恵。ほら、引越代って高いでしょ。長く住める物件を見つけてください。

SAY(セイ/青春出版社)

SAY(セイ/青春出版社)

かっこよく、素敵に生きたい女性向けの月刊誌。インタビュー記事を担当。著名人のインタビューほか、スキルアップや節約などの実用的な特集、結婚、恋愛、仕事の成功術など、気負わずに読めるのが特長。ファッション誌もいいけど、月に1冊くらいこういう雑誌を読んでおくと、何かと役に立つのよね。

ゴルフ場セミナー(ゴルフダイジェスト社)

ゴルフ場セミナー(ゴルフダイジェスト社)

ゴルフ場関係者向けの月刊誌。毎号、特集記事の取材、執筆を担当。最近の特集内容は、『ES』(従業員満足度)、『韓流経営』、『女性向け経営術』など。おかげで、ゴルフ業界に詳しくなりました。また、プロ並みの編集さんのアドバイスを受け、腕前も上達(当社比)。英語もゴルフも、上手い人の近くで学ぶのが近道です。

日経ビジネスAssocie

日経ビジネス Associe

「出来心」ってあるでしょ。まさにそれ。「たまには取材される側の気持ちを味わってみよう」なんて軽い気持ちで、インタビューを受けてみました。上がりの写真を見て感じたのは、「俺って、自分で言うほど男前じゃねぇな」ってこと。とはいえ、懲りたわけではありません。引続き、オファーお待ちしてます。

● 2007 ● HOME ● パンフ&ネット仕事情報 ● 取材後記 ● プロフィール ● このページのTOPへ ●

ライター 伊達直太

メール:jackonizka@w-date.jp
仕事のご依頼、お待ちしております。
ライターや編集者志望の人もどうぞお気軽に。

http://www.w-date.jp

Copyright(c) 2005-2018 Naota Date. All rights reserved.